FC2ブログ

記事一覧

レメディ研究部 ホーンビームの回 活動報告

ホーンビーム
ホーンビーム202007

ホーンビームは、近縁種の先駆性樹種であるシラカバほどの先駆性はありませんがパイオニアスピリットを持ちながら、ブナやナラ類と混合林を作ることができる耐陰性も持ち合わせる強い樹木です。
「木々の恵み」p.56にはアルプス以北の神聖な森は、昔はシデ(ホーンビーム)の生垣に囲まれていました。とあります。
そこには、神聖なものを静かに黙々と守る姿が見えます。
また、シデという和名はしめ縄につける紙垂からきていますが、邪気を払ったり結界を張り浄化する役割があります。
「植物のかたちとはたらき」p.210 にこの木材は簡単に火が付きます。燃焼とはエネルギーが変容することです。ホーンビームの状態の人はエネルギーを変容させ、意志を刺激して行動に移す必要があります。と記されていますが、木材としても鉄のように硬く、火がつきやすく熱と明るさをもたらします。
護摩祈祷もお焚き上げも火…火には大きな力があるのですね。
古くから人間に活用されてきた樹木の一つホーンビームのレメディの働きの秘密はこの辺りに隠れているかもしれません。
私たちの心と体は影響を及ぼしあっています。心身一如という言葉もありますし、認知行動学的にも明らかですが、やる気が出ないときは背中が丸まって姿勢がぐにゃぐにゃしがちです。逆もしかり。
「バッチの花療法」p.144にはホーンビームは脊椎を固くすると言われています。とあります。

やる気の出ない自分に火をつける、燃やす、神聖なるものを守る、脊椎を固くするということと、ホーンビームにはどのような関係があるのでしょうか。

大きな変容と日常の営み
Covid19が現れて大きく世界が揺らぐ現在、自分のこれから進む道ややるべきことについて考え、ある結論を出したのにそこから先になかなか進めない方がたくさんいらっしゃいます。今まであまり飲んだことがなかったホーンビームを飲んでみると…思いがけずぐっすり眠ってしまったり、体がだるくなってしまったり。これはヒーリングリアクションでしょうか?「バッチの花療法」p.144~人間にそなわったいろいろな能力のうち思考だけが働き、ほかの能力はほとんど使われないため、エネルギーに乱れが生じます。とあります。
先に進めないのは、思考にばかり偏りエネルギーのバランスが崩れて行動できないからで、それを、ホーンビームのレメディが止めるように働きかけ、思考が静まることで本来の自分の(魂の)声を聞けるように導いたのかもしれません。
やる気が出ない、動けない状態を私たちはいけないことだと思ってしまいますが、ホーンビームのマイナスに傾いた感情は、私たちに「今は大切な時だよ。一度止まって静かに考えてごらん」と言ってくれているのかもしれません。先に進むことに伴う不安は大きいものです。「バッチフラワーエッセンス辞典」p.92には 本来それは、用心して行動を控えて失敗を避け、さらに、控えめなストライキという方法で、課題の内容や生活条件を変えさせるための自己防衛反応なのです。という記述があります。じっくり自分と向き合って自分の中心が定まり、魂と心と体が一つになったら、思考を行動に移す段階へと進んでいくのでしょう。それはまるで思考の中の決意の火が消えることなく燃え広がって、ついには肉体を動かしていくようなイメージです。
 
ホーンビームのマイナスな状態は、このように大きな変容を前にしたときに現れる一方、月曜病と表現されるように日常の中にもよく顔を出します。日々の営みを黙々と果たすには、静かで強い力が必要ですが、不得意な仕事、決まりきった家事、法要の準備、レポート提出、バイト探し、学校生活…やらなければいけないのにやりたくない、できないはずはないのにやる気が起こらない。
ホーンビームのレメディの働きに「カーテンが風で持ち上がるよう」という例えがあります。レースのカーテンの内側でぼんやりしていた時にフワッと風が吹いてカーテンが持ち上がり、そこにある見慣れた風景が違って見えるような感じでしょうか。ハッとして、いつもと違う視点を持ち、シャンとして背筋が伸びる。それはやる気へとつながっていきます。
梅雨が明けて急に暑くなって気持ちがだらける。何もやりたくない、体も重くて動けない。暑さは頭に熱が上がっている状態、思考ではありませんがエネルギーが頭に上った状態と考えると、それをホーンビームで体に降ろすと動き出すことができると考えてもよいかもしれません。

頭ではわかっていても大きく踏み出せない時や、繰り返す日常がパターン化・義務化して、倦怠感や疲労感を感じてしまう時には、パターンを打ち破る行動力が必要なのですね。頭にあるエネルギーを体に移すイメージを持ってみてはいかがでしょうか。

バッチの遺産「汝自身を癒せ」第七章
ここまでホーンビームについて考えていくうちに、バッチ博士の言葉が浮かんできました。
あるがままの私たちの姿を理解するため…静かに考え、瞑想すること、そして私たちの「魂」が、良心と直感を通して話しかけ、その願いに合わせて私たちを導くことが可能になるような、平安な状態のなかに自分を置くことです。…そうした瞬間に大きな助力が与えられ、いわば閃光のように知識と導きが与えられているのがわかるでしょう。…地上的な楽しみや快楽のなかに満足感や苦労の代償を求める…一時的に苦労を忘れさせてくれるだけで…昨日のスリルは明日の退屈です。…人生の最後の瞬間まで持ち続けなければならない、人生に対する真の熱意と喜び…単調さを興味深いものに、退屈な義務を楽しい経験の機会に、そして日常生活を人間性と「宇宙」の偉大な根本法則に対する集中的な学習に、変えてゆくように努力しましょう。
ホーンビームはまさに、このような状態に陥った私たちを、働き、遊ぶあらゆる瞬間が、学ぶことへの熱意、すなわち勇気ある冒険や、やりがいのある行動を実際に体験したいという強い願いをもたらすように働いてくれるのだと感じました。

ホーンビームと私たち
そもそも私たちが、生き方を変えるような場面で躊躇して一歩が踏み出せないのは、もしかしたら私たちの安全を守ろうとする爬虫類脳から「変わりたくない」との信号が出ているのかもしれません。本能をつかさどる脳幹が快適な領域(コンフォートゾーン)から出ていこうとするのを引き留めるのです。ホメオスタシスとも言えます。心理学におけるホメオスタシスとは、「今のライフスタイルや環境をなるべく維持しよう」という心理です。こうでなければならないというロックウォーターのような固定観念に縛られていることも考えられます。
でも、意識的に次のステージに移行しようと自分に火をつけて、人生に関わる大きな車輪を動かすことができるように、コンフォートゾーンで内観したのちに、ホーンビームの助けを借りたいところですが、ホーンビームに対しても次のように様々な受け止め方や反応があります。
・これをやらねばならない!というロックウォーターの質だから、義務感からやる気がなくなることがありますが、レメディを飲むとわりと動けるようになります。
・やれない自分に罪悪感を持つパインの質によって、ホーンビームのマイナスな状態に向き合うことを無意識に避けるためホーンビームには思いが至らず、ラーチ、ミムラス、エルムを飲んではピンとこない状態が続いていました。
・インパチエンスの質だからか、日常を忙しく活動的に送っているので必要を感じたことがありません。着火することは得意かもしれませんが、それによって自身を変容させるまでには至っていないかもしれないと思います。
・そもそも決意することを避けてはゲンチアナやパインの状態に陥ってしまうのです。
・次々に変化する日常に対応できているということは、ホーンビームのレメディが安定的に日常を打ち破りつつ働きかけてくれているということかもしれません。

私たちは生きていく中で、ホーンビームのマイナス状態にしばしば陥るようです。「バッチフラワーエッセンス辞典」p.92に、ホーンビーム・タイプ(原則的に、すべての人がこのタイプに属します)とあったのには驚きました。義務感や人からの強制によってではなく、喜びや自己表現のために生きる環境を作り変えるということです。という言葉には、今取り組んでいること、これからやろうとしていることが「私の心」からきているのか、家族や社会や常識といった「私の外なる心」からきているのかを、見極めることの大切さを思いました。


心に翼をホーンビーム202007‐3
ホーンビームの花は見つけにくいです。翼果の集まった実も葉に紛れて見わけがつきにくいですが、翼果の一枚一枚をよく眺めるとそれは天使の羽根のように愛らしく、自分にも翼があったらいいのになあと思います。どこにでも自由に、難なく飛んでいける翼が欲しいです。
パラグライダーで飛ぶとき、事前には頭の中で色々とシュミレーションして思考をたくさん使いますが、いざ飛び立つときは意志による大きな決意を持たなければ飛べません。勇気を出して一歩を踏み出すと、広々とした空に身を委ねて風を感じる爽快感は何物にも代え難いそうです。
きっと私たち一人一人の心は、素敵な翼を持っています。玉ねぎの皮に何重にも包まれて隠れているだけなのではないでしょうか。まずは踏み出す決意をすることに抵抗している自分に気づくことからでもいい、一歩一歩始めませんか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bachmania38

Author:bachmania38
東海地区バッチフラワーレメディのプラクティショナーのコミュニティー「BFRP東海」のちょっとマニアックなブログです。

バッチフラワーレメディやレメディの開発者であるバッチ博士の哲学の研究や研修の報告をはじめ、レメディのもとである植物の詳しい観察記録などを綴っていきます。

公式ブログ「バッチフラワー東海だより」のきょうだいブログです。

BFRP東海の公式ブログはこちら⇒
http://bfrptoukai.blog.fc2.com/